English/Japanese

有限会社熱解析創研  電卓感覚  BESTな領域分割格子 FEMシステム構築ツール MaProMesh

 E-mail: info-x@netukaiseki.co.jp    TEL: 078-936-1132   スキル依存なし 堅実な定量評価CAEを構築

 

トップ

挨拶 会社紹介 免責事項

PD-Magic紹介

MaProMesh

CanvaSStormフリーソフト

PF-MAGIC

MaProMesh使い方ブログ

 論文発表

今後の予定

日報ソフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電卓感覚で誰しも同一解  組織で使える定量評価システム    MaProMesh 事例(モデル例)紹介

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

 

大きくは、次の2つがあります。

A

 自分でスクリプト作成

B

お任せ丸投げ (最強を作製いたします)

 

 

やりとりした情報 やりとりした事実 全て守秘情報とし、外部に漏らしません

 

(事前やりとり段階でも 当社に守秘義務が発生致します)

 

 

 ステップ 1   技術調査

 メールまたはFAXで、解析対象品 評価したい内容など、 なるべく詳細を連絡頂きます

 

  速い&安い&堅実&高精度 常識を打破る 電卓感覚CAEを  独創の構想で検討します

 

 

ステップ 2  ソリューション構築目処把握

A

 技術的に可能か判断します。 簡単なスクリプトはサービスで作成します

 デモ版で、可能な限りスクリプト構築の体感を薦めます アドバイスは致します

B

 見積りが即出せる場合、納期・見積を提示いたします

 調査必要ある場合、手法・スクリプト構築工数等 調査の上、納期見積りを提示します

 

 完全ソリューションを望まれる場合、評価事項次第で、技術目処が

 短期で見通せない事もあります。 その場合、コストと実現可能性を

 数ヶ月調査する事もあります

 

 『複雑な形は無理』  そう思われてしまう事が多いですが  現実は複雑な形に強いです。

  直線+円弧で組上がった、アセンブリ構造解析メッシュは、構築可能です

 樹脂・成型・流体はケース次第です。

 

 

 ステップ 3 予算確保&手続き

 見積りを元に 予算確保・企画書作成など 導入手続きに進みます

 

 

 ステップ 4 導入

 Bの場合、形状などの諸設定と、ポストまでの解析方法の手順書も作成致します

 

 手順書等に従い、ソフトウェアの検収を行います 検収後は1年間サポートが付きます

 

  

 

 ステップ 5 拡張・保守サポート      最強設計ツールへの道…

A

 CAE業務自動化に対して、構想や手法詳細をアドバイス致します

B

 なるべく、カバー範囲を広げるべく要望賜り 機能追加・拡張をサポートを致します

 

  

いずれの場合も、ポスト対応は、サービスで作成いたします

 

 CAEは、要素タイプも、解析種類も、出力データも多彩 加え、

 

 MaPrMeshは、お客様により利用ソルバーもバラバラです。

 

 ポスト処理は お客様の要望を優先して対応いたします。

 

 

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

 

 有限会社熱解析創研   CopyRight Netukaiseki Souken inc.  TEL: 078-936-1132