有限会社熱解析創研  スキル依存のない 真の定量評価CAEを構築 MaProMesh

 E-mail: info-x@netukaiseki.co.jp    TEL: 078-936-1132    モデル化・条件設定まで自動化 電卓感覚CAE を実現させます

 

トップ

挨拶 会社紹介 免責事項

PD-Magic紹介

MaProMesh

CanvaSStormフリーソフト

PF-MAGIC

  MaProMesh使い方ブログNEW

 論文発表

今後の予定

日報ソフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡素なパラメータ入力にて精密計算を実施、 CAEの自動実行環境の構築を推進します。

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

 

 

専用パネルのボタン操作で簡単OpenFoam体験可能です

 

下記サイトより、インスト-ラ  blueCFD-Core-2016-1-win64-setup.exe ダウンロード

http://bluecfd.github.io/Core/Downloads/ 推奨インスト-ル先はC:\BlueCFDです。

C:\BlueCFD 又は C:\Program Files インストール済ですと、起動時に自動設定されます。

計算とデータ作成をボタン操作で実施します。その専用パネルを表示させます。

 

 

パネルの赤線部をクリック PolyMesh内のファイルかSystem内のControlDictを読みます。

 

下記のボタン操作で、メッシュ作成⇒計算⇒VTKファイル作成 を実行します。

 

VTK読込みボタンを押して、ファイルを読みます。  下記ボタン操作で、ポスト処理を実施します

 

 

 

elbow cavity airFoil2D pitzDaily にて実行可能。改良中です。 まだ出来は良くありません。

 

ProgramFilesにインストールした場合、チュートリアルを移して実行を推奨します。

 

何かと難解。概要把握まで到達する前に挫折。そんなOpenFoam挫折の救済になれば。

 

 

 

 【1】 MaProMeshトップページ

 【2】 コンセプト/操作概要

【3】

  【4】 無償版利用方法

 【5】 OpenFoam

【6】 導入手順

 【7】 専用システム構築の勧め

  【8】メッシュと1次2次要素

  【9】メッシュ依存の正体

 

 

 有限会社熱解析創研   CopyRight Netukaiseki Souken inc.  TEL: 078-936-1132